わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

形成外科の匠の技術で小陰唇治療も美しい仕上がり

診察室 日本では生殖器に関する悩みなどをオープンに話す事はまだまだタブーとされており、誰にも相談できず一人で悩みを抱えている女性は少なくありません。特に小陰唇の大きさや形、色などについて悩みを抱える女性は意外に多く、その事がコンプレックスになり恋愛に積極的になれない人もいます。また、小陰唇治療を受けるという発想がわかない方も多くいらっしゃると思います。小陰唇の発達は、初経の始まる少し前からスタートし、尿道口や膣口を保護する役割を持ち、大人になるにつれ小陰唇は大きくなりシワがより、メラニン色素の沈着が起こり黒ずむのが一般的です。しかし、中には小陰唇が肥大し擦れて出血を起こしたり痛みが生じたり、臭いを発生する女性もおり、その場合小陰唇治療が必要となります。最近は、美容外科やクリニックなどで小陰唇治療を手掛ける施設は増加しており、以前より気軽に手術が受けられるようになりましたが、費用が安いとか術後の通院が不要といった手軽さで安易に病院を選んで失敗する例も少なくないので、病院選びは慎重に行いましょう。

診察台 日本橋形成外科は、皮膚科と美容外科を診療科目に置き、巻き爪や二重まぶた手術、小陰唇治療、ニキビ治療や脱毛、ケミカルピーリングまで幅広く手掛けています。治療法の決定権は患者様にあり、決定するまで納得の行く説明をしっかりとし、同意書のコピーをお渡ししております。また、生理的なフォルムを崩さず自然に仕上げる為、当院では丁寧な縫合を心掛けています。形成外科ならではの真皮縫合という特殊な縫合を行った後、極細のナイロン糸で表縫合をします。世間では抜糸の必要のない糸で縫うクリニックもありますが、極細のナイロン糸で縫合した方が仕上がりの美しさの差は歴然です。小陰唇治療は自転車に乗ると擦れて痛い、座った時に違和感がある、臭いが気になるといった悩みを持つ方を始め審美的な改善を希望する方に適応しています。女性器に悩みを持ち、確かな技術と丁寧な仕上がりを求める方は日本橋形成外科にご相談ください。

医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び