わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

日本橋の皮膚科で巻爪治療を受けよう~すぐに始められる巻爪対策~

日本橋の皮膚科をお探しなら巻爪治療など様々な診療を行う【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ

日本橋の皮膚科をお探しなら巻爪治療など様々な診療を行う【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ

日本橋皮膚科をお探しなら、巻爪治療やニキビ治療、シミ・ソバカス治療など様々な診療を行っている【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】をご利用ください。

日本橋の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】では、お肌に関する美容のお悩みから、巻爪などの日常生活に支障をきたす症状まで幅広く対応しています。

診療内容や過去の治療実績をサイト内にていくつかご紹介していますので、まずはそちらをご確認ください。

日本橋の皮膚科で治療を受けるなら最新の技術を用いた治療を提供する【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】

日本橋の皮膚科で治療を受けるなら最新の技術を用いた治療を提供する【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】

日本橋の皮膚科を受診する際は、最新の技術を取り入れた治療を提供している【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へお越しください。

これまでの経験で培った技術だけでなく最新の技術を用いることで、他の病院では入院が必要な手術でも日帰りで提供できます。

皮膚科の受診が必要な病気の中には、院内感染のおそれがあるものもあります。それを防ぐため、院内は常に清潔な環境を保っていますので、安心してご利用ください。

巻爪を予防するためにできること

巻爪が起こる原因と、すぐにできる予防法をご紹介いたします。巻爪治療を受けた経験がある方も、そうでない方もぜひ参考にしてください。

■足に負担のかからない靴を選ぶ

サイズが小さい靴を履いていると爪が圧迫されて巻爪になるおそれがあります。逆にサイズが大きい靴の場合、歩く度に靴が動いて足と靴がぶつかるため、それが原因で巻爪になってしまいます。靴を選ぶ際は、きちんと足のサイズを測ってちょうど良いサイズの靴を選びましょう。

■爪を切り過ぎない

足の爪が短いと、足に体重をかけた際に爪周辺にある柔らかい組織が盛り上がり、爪が皮膚に食い込んでしまいます。それが繰り返されることで少しずつ爪が曲がり、巻爪を引き起こしてしまいます。足の爪は、上部の白い部分が1mm程度残るくらいの長さを保ちましょう。形は爪の角を残すように水平に切ることが大切です。

お役立ちコラム

皮膚科は日本橋の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】

名称 日本橋形成外科・皮フ科・美容外科
所在地 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-4-12 イズミビルディング2F
電話番号 03-6825-1712
URL http://www.nihonbashi-ps.jp
説明 東京でレーザー脱毛やわきが治療なら、中央区日本橋・三越前駅から徒歩2分の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ。ボトックス注射やシミ取りレーザー、フェイスリフトといった美容に関する治療も行っております。イボ・ホクロ・タトゥー除去、眼瞼下垂や小陰唇手術なども行っておりますので、まずはご相談ください。
日本
都道府県 東京都
市区町村 中央区日本橋本町
医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び