わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

巻爪治療なら三越前駅近くの当院へ|日本橋形成外科・皮フ科・美容外科

巻爪の種類と原因

足の爪は私たちがしっかり安定して歩くために重要な役割を担っています。
足先が痛みまっすぐ歩けないと、体のバランスが崩れ腰痛や肩こりを引き起こすことも考えられます。巻爪は軽微な症状だとお考えの方も多いですが、ひどくなると立ち上がることすら困難になってしまう場合もあります。症状が軽ければ軽いほど、治療の負担も少なくすみます。巻爪に気づいたら早めに皮膚科に相談しましょう。

巻爪の種類

巻爪には陥入爪と弯曲爪の2つのタイプがあります。陥入爪は爪の両脇部分が肉に深く食い込んだ状態で、食い込み部分から痛みや炎症を引き起こすことがあります。
また炎症を起こすと腫れ上がり、さらに爪が肉に食い込んで出血してしまうという悪循環に陥ります。

一方、弯曲爪は爪全体がひどく湾曲した状態で、断面を見るとCやUの字になっています。強く変形した場合は痛みを生じることもありますが、軽度の場合は痛みや腫れがなく、巻爪に気づかない方もいらっしゃいます。

巻爪になる主な原因

巻爪の種類と原因

生まれつき堅く厚い爪で湾曲して伸びていると巻爪になりやすいでしょう。しかし、それ以外の人でも爪の切り方や水虫、足先への負担で巻爪になる可能性はあります。

特にヒールなど足先に負担のかかる靴を履く女性は巻爪に悩む割合が多い傾向にあります。
またサッカーやダンス、バレーボールなど足を使った激しいスポーツもつま先に大きな負担をかけるため注意が必要です。

足先に異常を感じたら医師に相談し、早めに症状を改善することが巻爪予防に効果的です。適切な長さを保つことも巻爪予防に役立ちます。適切な長さを保ち爪を切りすぎないようにしましょう。

日本橋で皮膚科をお探しの方、巻爪治療を受けたいという方は、ぜひ当院をご利用ください。中央区日本橋の三越前駅近くにクリニックを構えておりますので、アクセスも大変良好です。また、巻爪治療以外にもタトゥー除去や皮膚皮下腫瘍の治療なども対応しております。皮膚関係の症状にお困りの方は、皮膚科・美容外科である当院へお気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

わきが治療やレーザー脱毛なら【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】概要

名称 日本橋形成外科・皮フ科・美容外科
所在地 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-4-12 イズミビルディング2F
電話番号 03-6825-1712
URL http://www.nihonbashi-ps.jp
説明 東京でレーザー脱毛やわきが治療なら、中央区日本橋・三越前駅から徒歩2分の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ。ボトックス注射やシミ取りレーザー、フェイスリフトといった美容に関する治療も行っております。イボ・ホクロ・タトゥー除去、眼瞼下垂や小陰唇手術なども行っておりますので、まずはご相談ください。
日本
都道府県 東京都
市区町村 中央区日本橋本町
医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び