わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

眼瞼下垂の手術なら|日本橋形成外科・皮フ科・美容外科

眼瞼下垂によってもたらされる影響

眼瞼下垂によってもたらされる影響

眼瞼下垂は先天性のものと後天性のものがあります。原因は様々ですが、重度の眼瞼下垂を放置しておくと、目以外の部分にも様々な影響を与えてしまう可能性があるのです。こちらでは、そんな眼瞼下垂によっておこる症状についてご紹介いたします。

目つきが悪くなる

眼瞼下垂はまぶたが下がり、黒目の見える部分が小さくなってしまうため目つきが悪くなったり、いつも眠そうにしているという印象を与えてしまうことがあります。
仲の良い相手ならば問題ないかと思いますが、初対面の方に雰囲気だけで良い印象を与えるのは難しいかもしれません。印象を変えたい、眼瞼下垂をどうにかしたいという方は形成外科へ相談してみてはいかがでしょうか?

肩こりや頭痛

肩こりや頭痛で悩んでいる方は多いですが、中には眼瞼下垂が原因で肩こり、頭痛を引き起こしている方も少なくありません。眼瞼下垂では視界が狭くなってしまうため、無意識のうちにまぶたを持ち上げようと眉を上げ、頭の筋肉、首の筋肉と様々な筋肉にまで影響してしまうのです。

そのため、眼瞼下垂の手術治療を受けて肩こりなどが軽減したという方もいらっしゃいます。肩こりや頭痛にお悩みの方は、ただの疲労と思い込まず原因をしっかり見極めるようにしましょう。

睡眠にも影響がある

眼瞼下垂が睡眠の質を下げているということをご存知でしょうか?
目を開こうと普段から色んな部分に力を入れてしまっているためストレスを溜め込みやすい状態が続いてしまい、入眠しても眠りが浅かったり、だるさを感じてしまうことがあるのです。

また、目が開きにくくなると昼間に眠気を感じ、仕事にまで支障が出てきてしまうこともあります。昼間に眠気を感じる方、夜なかなか寝付けないという方は一度医者に相談してみることをおすすめします。

眼瞼下垂でお悩みの方、わきが多汗症など体のことでお悩みの方は東京にある当院をぜひご利用ください。眼瞼下垂やわきが・多汗症の手術、美容目的での整形などに対応しております。東京でわきがなど体質の改善をされたい方、より快適な生活を送れるようになりたいという方はどうぞお気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

わきが治療やレーザー脱毛なら【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】概要

名称 日本橋形成外科・皮フ科・美容外科
所在地 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-4-12 イズミビルディング2F
電話番号 03-6825-1712
URL http://www.nihonbashi-ps.jp
説明 東京でレーザー脱毛やわきが治療なら、中央区日本橋・三越前駅から徒歩2分の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ。ボトックス注射やシミ取りレーザー、フェイスリフトといった美容に関する治療も行っております。イボ・ホクロ・タトゥー除去、眼瞼下垂や小陰唇手術なども行っておりますので、まずはご相談ください。
日本
都道府県 東京都
市区町村 中央区日本橋本町
医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び