わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

東京でわきがや多汗症の治療を受けるなら【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】~わきがと脱毛の関係~

東京でわきがや多汗症の治療ができる病院をお探しなら【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ

東京わきが多汗症治療を行う【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】では、様々な治療法を提供しています。

わきがや多汗症を治すためには手術が必要だと思っている方も少なくないでしょう。しかし、軽度であれば制汗剤を塗るだけの治療や脱毛、ボトックス注射という選択肢もあります。

保険適用と保険適用外の治療を含めたご提案をするので、患者様の希望と予算に合わせた治療法を選択することが可能です。東京だけでなく、千葉や神奈川などにお住まいの方もぜひ【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へご相談ください。

東京でわきがの治療を行う【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】は十分な説明を心がけています

東京でわきがの治療を行う【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】は十分な説明を心がけています

東京でわきがの治療を行っている【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】は、一方的な判断で治療法を決めることはありません。

どのような治療法なのか、どれくらいの効果があるのか、治療費はどれくらいかかるのかなどを詳しく説明し、患者様自身に治療法を決定していただきます。

「わきがを治したい気持ちはあるけど、手術をするのは怖い」「手術をしたいが治療費が心配」など、治療に対する考え方は人それぞれです。自分が納得のいく治療法を受けたいという方は、【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】までお問い合わせください。

わきがと脱毛の関連性について

わきがと脱毛の関連性について

わきがを治療する方法の一つに「脱毛」があります。なぜ脱毛をするとわきがが改善されるのでしょうか?その理由は、わき毛の役割にあります。

わき毛は毛穴から出た汗を留めておく役割があり、その汗の水分で皮膚の表面にいる細菌が繁殖してニオイを発生させてしまいます。

わき毛を脱毛すると汗はすぐに流れていくため、細菌が増殖しなくなりニオイが軽減されるのです。逆に、レーザー脱毛を受けた後からわきのニオイが気になり始めたという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

これは、わきがになったのではなく、毛がなくなったことで皮脂や垢が毛穴に溜まり、酸化してニオイが発生していると考えられています。しっかりと毛穴の汚れを落とすことで、ニオイは発生しなくなります。

お役立ちコラム

東京でわきがの手術を数多く手がける【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】

名称 日本橋形成外科・皮フ科・美容外科
所在地 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-4-12 イズミビルディング2F
電話番号 03-6825-1712
URL http://www.nihonbashi-ps.jp
説明 東京でレーザー脱毛やわきが治療なら、中央区日本橋・三越前駅から徒歩2分の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ。ボトックス注射やシミ取りレーザー、フェイスリフトといった美容に関する治療も行っております。イボ・ホクロ・タトゥー除去、眼瞼下垂や小陰唇手術なども行っておりますので、まずはご相談ください。
日本
都道府県 東京都
市区町村 中央区日本橋本町
医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び