わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

イボ・タコ・ウオノメ

形成外科

イボ・タコ・ウオノメの原因・治療方法

原因

イボはウィルス、タコ・ウオノメは靴などによる慢性刺激が原因になることが多いようです。

治療

イボは液体窒素療法を月に1、2度繰り返します。局所麻酔下に切り取ることが有効なこともあります。タコ・ウオノメはサリチル酸テープを数日貼って軟らかくしてから削ります。

※首などにたくさんできるイボ(スキンタッグ,アクロコルドンと呼ばれる)は、ハサミなどで鋭的に切除します.液体窒素などよりもきれいに治ります。

麻酔なしで切除(痛みほとんどなし)

首のイボ 治療後 取れたイボ
医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び