わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

眼瞼下垂の再手術に対応!手術方法と注意点・仕事復帰までのダウンタイム

眼瞼下垂の手術・再手術を受けるにあたって、手術方法や注意点、仕事復帰のダウンタイムなどで不安なことも多いでしょう。こちらでは、眼瞼下垂の手術・再手術前に押さえておきたいポイントなどについて解説します。

眼瞼下垂の手術による治療方法

Treatment method by surgery for ptosis

眼瞼下垂は瞼が上がりきらず、目が十分に開かない症状のことです。日常生活で視野を確保するため、瞼やおでこに必要以上に力を入れてしまい、頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。そのため、手術による治療はおすすめなのです。眼瞼下垂の手術・再手術には以下の方法があります。

眼瞼挙筋短縮手術

腱膜性眼瞼下垂は、瞼を上げるための筋肉の力が弱まっていることで起こる症状です。この場合、瞼を二重のラインで切開し、眼瞼挙筋を縫って短縮する手術を行います。手術により瞼の弛緩していた部位が縮まるため、瞼が上がりやすい状態なります。

瞼板吊り上げ術

眼瞼挙筋の力が弱まりすぎると、通常の収縮だけでは瞼を持ち上げることが困難です。この場合、吸収性の糸を皮膚の下に通して筋膜を眉の上に固定し、吊り上げる手術を行います。術後は瞼が上がりやすくなり、眉の上の傷も肌のしわに沿うため、ほとんど目立ちません。

皮膚切除術

皮膚弛緩性眼瞼下垂は、眼瞼挙筋や腱膜に問題があるわけではなく、瞼の皮膚のたるみが原因で起こる症状です。この場合は皮膚のたるんでいる部位を切除する手術を行います。二重のラインで切除する方法と、眉の生え際に沿って切除する方法があり、後者は術後の腫れが比較的少ないのが特徴です。

眼瞼下垂の治療は基本的に保険適用です。ただし、皮膚切除術の眉の生え際に沿って切除する方法のみ、保険適用外となるので注意が必要です。

眼瞼下垂の手術前に知っておきたい注意点

眼瞼下垂の手術・再手術を行うと、術前よりも目が大きく開いている状態になるため、表面を覆う涙が乾きやすくなります。また、ポンプ作用が正常に働くことで古い涙が排出され、乾き目を感じることもあります。これらは術後半年ほどで改善します。また、目の開き方に左右差が出ることがあります。手術直後はほとんど感じられなくても、術後の経過によって強調されることも注意点です。

手術で持ち上げた瞼は多かれ少なかれ後戻りするので、あらかじめ強めに矯正を行います。その結果、手術直後に左右差を感じることがあるのです。経過を見て左右差があまりに大きいと判断される場合、再手術を検討することもあります。

眼瞼下垂手術後のダウンタイム・仕事復帰までの期間はどれくらい?

downtime after ptosis surgery

ダウンタイムとは、「術後、平常通りの生活を問題なく行えるようになるまでの期間」のことです。ダウンタイム中は自宅で安静にし、日常生活の何気ない行動に制限をかけなければならない場合もあります。眼瞼下垂の手術・再手術後のダウンタイムは、以下が注意点として挙げられます。

傷口を清潔に保つ

傷口を不必要に触ったり、こすったりしないように気をつける必要があります。術後のメイクは可能ですが、抜糸を終えるまでアイメイクは避けましょう。眼瞼下垂手術の傷は1日程度でふさがるため、手術翌日の夜からシャワーでの入浴が可能です。その際、必ず患部をよく泡立てた石鹸で優しく洗いましょう。化膿を防ぎ清潔にすることができます。

手術後はある程度は腫れる

手術内容の違いや個人差はあるものの、目立つほどの腫れは1週間程度、違和感は3ヶ月程度残ることを理解しておきましょう。日本橋形成外科・皮フ科・美容外科では、極力腫れを抑えるため丁寧な手術を心掛けています。

しばらく痛みが発生する

手術後の痛みは2日程度で治まることが多いですが、期間中は必要に応じて痛み止めを服用します。手術当日はクーリングによって炎症を抑えるとよいでしょう。クーリングは、保冷剤を清潔な布に包んで患部に当てる対処法です。自宅でも簡単にできます。

眼瞼下垂の手術・再手術後、約7日で抜糸を行います。上記のことに気をつけて生活すれば、手術翌日から仕事に復帰することも可能です。

眼瞼下垂の手術・再手術を受けるなら日本橋形成外科・皮フ科・美容外科へ

眼瞼下垂の手術では、眼瞼挙筋短縮手術、瞼板吊り上げ術、皮膚切除術が用いられ、どれも保険適用で受けることができます。治療によって瞼が開きやすくなりますが、術後の経過による症状やダウンタイムの過ごし方には注意が必要です。日本橋形成外科・皮フ科・美容外科では、眼瞼下垂の手術・再手術に対応しています。瞼が重い、視界が狭いといった症状に悩まされている方は、眼瞼下垂の手術・再手術をご検討ください。

コラム一覧

  1. ワキガの手術に対応!病院での治療と市販薬の違い・手術の流れと注意点・術後のQ&A
  2. 粉瘤は手術で切除!薬では治せない粉瘤とは何か?概要や角質との関係性
  3. わきがの治療・手術に対応!わきがの原因・遺伝の確認方法・手術の種類とは?
  4. 脂肪腫の手術・治療法をご提案!脂肪腫は悪性?原因・治療方法とは?
  5. 多汗症の治療はわきが予防にもなる?多汗症のセルフチェック方法・治療薬の概要
  6. 手術で小陰唇の悩みを解消!小陰唇縮小手術の流れ・術後の過ごし方とは?
  7. 眼瞼下垂の再手術に対応!手術方法と注意点・仕事復帰までのダウンタイム
  8. 粉瘤の手術・費用・症状の相談を受付!手術前の注意点・保険や給付金の適用有無

眼瞼下垂の再手術に関するご相談は、日本橋形成外科・皮フ科・美容外科が承ります

医院名 日本橋形成外科・皮フ科・美容外科
住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2丁目4−12 イズミビルディング2F
電話番号 03-6825-1712
開設者 院長 網倉良安
診療時間 月水木金 10:00~14:00 15:00~19:30
土日祝 10:00~15:00
※火曜日は休診日となります。
※最終予約受付は診療内容によって異なりますので、電話・メールなどで確認して下さい。
※完全予約制です。急患はこの限りではありませんが、できれば事前にご連絡下さい。
診療内容

■形成外科
ほくろ、多汗症・わきが(腋臭)、治療先天的な異常(耳などの奇形)、皮膚のできもの、キズあとの修正,巻き爪(陥入爪)など

■皮膚科
アザ、シミ・ソバカス、ニキビ、アトピー、かぶれなど

■美容外科
まぶた、鼻など主に局所麻酔下で行う美容手術。ボトックスなどのプチ整形、レーザー脱毛、育毛。その他アンチエイジング治療

URL https://www.nihonbashi-ps.jp
説明 東京でレーザー脱毛やわきが治療なら、中央区日本橋・三越前駅から徒歩2分の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ。ボトックス注射やシミ取りレーザー、フェイスリフトといった美容に関する治療も行っております。イボ・ホクロ・タトゥー除去、眼瞼下垂や小陰唇手術なども行っておりますので、まずはご相談ください。
日本
都道府県 東京都
市区町村 中央区日本橋本町
医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び