わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

東京でワキガ手術をお考えの方必見!術後の痛みと料金について

東京でワキガ手術を受けるなら!術後の痛みと給付金制度について

東京でワキガ手術をご検討中の方は、日本橋形成外科・皮フ科・美容外科へお越しください。ワキガ手術を受けるにあたり、その効果の有無の他、手術中・術後の痛みや治療費が気になるという方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、剪除手術後の状態や痛み、給付金制度についてご紹介いたします。

痛みはある?ワキガ剪除手術後の状態について

ここでは、ワキガ手術を行う際の痛みや、その後の肌の状態についてご紹介いたします。

ワキガ剪除手術とは?

ワキガの剪除手術は皮弁法とも呼ばれ、保険が適用されることの多い手術で高い効果が期待できます。ワキのシワに沿って4~5cmほど切開し、ワキガの原因であるアポクリン腺を目視しながら切除していきます。

機械任せではなく、直接医師が確認しながら行うため、取り残しが少なく、再発のリスクも低いです。また、多汗に悩む場合は、同時にエクリン腺を取り除くことも可能です。

剪除手術の痛み

ワキの下を切開するといっても、局所麻酔が行われるため手術中に痛みを感じることはありません。とはいえ、手術中はずっと腕を上げている状態ですので、肩が凝ったり腕がしびれたりすることがあります。術後に麻酔が切れると痛みを感じるようになりますが、鎮痛剤を内服することで軽減可能です。

稀なケースですが、翌日以降も痛みが全く引かず強い痛みを感じる場合は、切開による血がワキの下に溜まっていること(血腫)が考えられます。その場合は早急な措置が必要になりますので、強い痛みが長期間続くときは速やかに医師に相談しましょう。

術後の肌の状態

剪除手術ではワキの1~2箇所を4~5cmほど切開し、処置後に縫合します。切開による傷痕が目立たなくなるまでには時間がかかります。傷口の赤みや違和感などは数ヶ月間残ることも珍しくありません。個人差はありますが、6ヶ月が経過する頃には徐々に落ち着き始めます。

ワキの下の皮膚は傷痕が残りにくい部分です。傷痕に対する修正手術も可能ですが、落ち着くまでは様子を見ることをおすすめします。

ワキガ治療に給付特約は使える?手術時の料金について

ワキガは手術方法によっては保険が適用されます。また、医療保険に入っている場合は、給付金を受けられることもあります。

主なワキガ治療の費用

・制汗剤

塩化アルミニウムローションで汗を抑える作用があるものです。2~3日に1度塗る必要があります。

治療費の相場は約2,000円/100mlです。

・ボトックス

ボトックス注射で汗腺の働きを抑えます。効果は高いですが、持続期間は6ヶ月ほどで、何度も繰り返すと効果が弱まることがあります。

治療費の相場は60,000~90,000円ほどです。

・剪除法(皮弁法)

4~5cmほどワキの下を切開し、アポクリン腺を除去する方法です。効果はほぼ永久であり、保険が適用されます。

治療費の相場は、保険適用で約50,000円(両ワキ)です。

・クアドラカット法

0.5~1㎝ほどワキの下を切開する方法で、傷痕が小さく経過も早いです。効果はほぼ永久ですが、保険は適用されません。

治療費の相場は450,000円前後(両ワキ)です。

医療保険の適用について

上記のように剪除法は健康保険の対象となりますが、同じ切開手術でもクアドラカット法は保険適用外です。医療保険については、ワキガ治療のための皮膚切開術は給付対象には該当しません。剪除法、クアドラカット法ともに対象外になります。

医療保険の手術給付金の対象外となる皮膚切開術は、皮膚などにできた膿瘍を切開して体外に出すものです。保険適用外に該当しない手術方法の場合、医療保険が適用になる可能性もあります。詳しくは、加入されている保険会社に確認するとよいでしょう。

ワキガの治療費用は、健康保険が適用されるもの、医療保険が利用できるもの、自費診療になるものなど治療方法によって様々です。どの方法が自身にとってベストかを知るには、まずはワキガ治療の実績のある外科や皮膚科に相談するとよいでしょう。

術後は安静にすることが大切!ワキガ手術は東京の形成外科へ

ワキガ治療に効果的な剪除手術は、術後1ヶ月は安静にすることが大切です。日帰り手術も可能ですが、しっかりと圧迫し続け、ワキや腕に負担をかけない生活を送るようにしましょう。術後すぐは重い荷物を持つことや患部へのシャワーなどは厳禁です。ワキガ治療には費用がかかりますが、保険適用のものや場合によっては医療保険の給付金の対象となるものもあります。

東京の日本橋形成外科・皮フ科・美容外科では、ワキガ治療を行っております。剪除法やクアドラカット法など、1人1人のお悩みや症状に合わせて適切な治療法をご提案いたします。東京でワキガ治療を受ける際はお気軽にご相談ください。

粉瘤・脂肪腫・ワキガ治療に関するコラム

東京でワキガ手術に関するご相談は日本橋形成外科・皮フ科・美容外科へ

医院名 日本橋形成外科・皮フ科・美容外科
住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2丁目4-12 イズミビルディング2F
電話番号 03-6825-1712
開設者 院長 網倉良安
診療時間
  • 月水木金 10:00~14:00 15:00~19:00(最終受付18時45分)
  • 土日祝 10:00~15:00(最終受付時間14時30分)

※火曜日は休診日となります。

※最終予約受付は診療内容によって異なりますので、電話・メールなどで確認して下さい。

※完全予約制です。急患はこの限りではありませんが、できれば事前にご連絡下さい。

診療内容
形成外科
ほくろ、多汗症・わきが(腋臭)、治療先天的な異常(耳などの奇形)、皮膚のできもの、キズあとの修正,巻き爪(陥入爪)など
皮膚科
アザ、シミ・ソバカス、ニキビ、アトピー、かぶれなど
美容外科
まぶた、鼻など主に局所麻酔下で行う美容手術。ボトックスなどのプチ整形、レーザー脱毛、育毛。その他アンチエイジング治療
URL https://www.nihonbashi-ps.jp/
説明 東京でレーザー脱毛やわきが治療なら、東京メトロ・三越前駅やJR新日本橋駅から徒歩2分の【日本橋形成外科・皮フ科・美容外科】へ。ボトックス注射やシミ取りレーザー、フェイスリフトといった美容に関する治療も行っております。イボ・ホクロ・タトゥー除去、眼瞼下垂や小陰唇手術なども行っておりますので、まずはご相談ください。
日本
都道府県 東京都
市区町村 中央区日本橋本町
医療レーザー脱毛は東京の日本橋形成外科脱毛センター
できもの外来(皮膚皮下良性腫瘍)
わきが保険適用美容外科 03-6825-1712

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び